改良されたSONY NEX-FS700で4K/RAW撮影を行う(予告)

トップ画像

まえがき

SONY NEX-FS700は多数の利点を備えた、低予算映画の撮影においては最高のものと考えられるカメラです。軽量ですが、デジタル一眼レフカメラで撮影する動画とは比べものにならない高画質の映像を得ることができ、SONY Eマウントはレンズアダプタの利用で数多くのレンズマウント形式のレンズの利用を可能にします。また最大10倍速での高速度撮影を可能とするSUPER SLOW機能は表現力を格段に高めますし、なにより性能に対して価格が抑えられており、賃借で調達すればかなりの低予算でその機能を利用できます。

デジタル一眼レフカメラであるD7000で撮影した映像
デジタル一眼レフカメラであるD7000で撮影した映像
FS700で撮影した映像
FS700で撮影した映像

D7000で撮影した映像とは違い、細部の表現が非常に細かく、偽色も少ないことがわかります。なお、画面全体の色味は色調設定によってまったく違うものとなっています。

最近の改良でSONY NEX-FS700はSONYの対数記録方式であるS-Log2に対応し、外部収録機器を利用すれば、安価な電線1本で4K/RAW撮影を行うこともできるようになりました。近日公開予定の記事「改良されたSONY NEX-FS700で4K/RAW撮影を行う」では、FILMASSEMBLERが先日行った試験撮影の映像素材を元に4K/RAW撮影、高速度撮影、S-Log2による撮影およびについて非常に限られた時間の中で得られた僅かな情報に止まりますが、公開する予定です。

記事の内容

今回の撮影でわたしたちは、最悪の場合RAWで映像を収録したとしても、それが使えないことを前提に行動していました。4K/RAWの映像を試験的に作成し、編集を試験していたものの、大変計算機にかける負荷が大きく、自在な編集が困難であることが判明していたことや、春の試験映像撮影でインターネット上の情報に従いBlackmagic UltraStudio 3Dによって高速度撮影の非圧縮収録を試行したところ、失敗した経験があるからです。

そのためわたしたちはRAW形式の映像を外部収録機器で収録しする一方、S-Log2で圧縮映像を収録し、これを予備として利用することとしました。しかし、その結果S-Log2の制約により撮像感度がISO2000に固定されてしまったため、高画質を目的としたRAWでも場合によっては非常に雑音の多い映像になってしまいました。こういった問題を編集段階の処理でどれだけ低減していけるのかなど、少ないデータからできる限りの内容をお届けする予定です。

暗所においてISO2000で撮影したために大変雑音が目立つ映像
暗所においてISO2000で撮影したために大変雑音が目立つ映像
上に示した画像の一部を拡大した画像
上に示した画像の一部を拡大した画像

拡大すると画面全体に雑音が広がっていることがわかります

むすび

多忙な状況が続いており、更新が断続的になっておりますが、気長に更新をお待ち頂ければ幸いです。

この記事は「2013年度試験映像製作計画」の成果を元に書かれました。映像でモデルを担当しているのは林まりえおよび柴崎泰成です。