Pathfinder 音楽発注書

トップ画像

はじめに

これはPathfinderの初期公開版、「立場の開拓者」で音楽を発注した際の発注書です。見やすいように適宜整形してありますが、内容はほぼ一緒です。

時間表記がないのですが、恐らくSkypeでやりとりしていたのでしょう。なんか、実際の映像と違うことがちらほら書いてありますが、気にしない方向で行きましょう。

実際の発注書

全BGMで一つの曲を作ってる、みたいな感じなんですかね?

PF1 空白地帯のテーマ

メロディアスでないことで、マキと柏葉がお互い「非リア充」のポジションであることを明確にしてほしい。充実していないので、曲が空虚、というわけ。 マキが寝てるのって、休み時間机に突っ伏してるのとなんら変わらないし。

多分結構短いはず。「やっぱり、マキじゃん」って話しかけるところあたりまでなので。

PF2 片思いのテーマ

例によって台詞がBGMで主題はBGMなシーンです。穏やかに、ややメロディアスに。 二人にとって「昔」というのは充実していて輝いていたわけで、その中心の彼についての会話ですから、今も色褪せない美しい記憶があるわけです。ただ、全面に出てこないように、押さえ気味でお願いします。

PF3 失恋のテーマ

まあ失恋のテーマなんで切なく、よりメロディアスに。可愛らしい感じでお願いします。この曲のラストでずどーんって落として、夕焼けとか夜のすばらしく美しい素材カットでまわすので、そんなことを考えてくれるといいと思います。

PF4 気付きのテーマ

で、まあはっきり「ああ、視界が開けたね。明るくなったね。幸せになれるね」という落ちです。安直ですね。だがそれがいい。