シリウスの七日間TVスポット15秒版 全カット解説

各カット解説

標章

いつものFAロゴです。時間がないので早送りしました。TVスポットなので映ればいいんです。

falstella

絶対にわかりませんが出てくる怪獣のお名前です。本作は怪獣映画選手権のための作品なので、出さないという選択肢はありません。名前の由来はラテン語で、偽と星です。

空への道

羽田空港へと向かう道で「本編」(念のため書いておきますが、今のところ存在しません)、では物語の転換点となるドライブシーンをイメージして撮影しました。

つまり、尺を稼ぐためのカットです。

レーダ

「こんなレーダがあるか」って感じもしますが、見ればわかりますよね。素材はINTERCEPTORSのときに制作したものをMotionに取り込んで撮影しました。当時は合成ソフトがなかったので3D CGIソフトの平面投影で撮影していましたね。進歩したものです。

のっぺり平らな画面より、なんか捻ってやったほうがいいだろう、という考えです。

追尾して合成

首都高を車で走行してもらい、助手席から撮影しました。完全な手持ちで制振機の類を使っていないので、ひどい手ブレです。まあ「らしさ」優先ということで。

合成されている「星」は適当に円形と線を組み合わせてぼかしフィルタを適用してらしく仕上げたものに、回転と不透明度をランダムに供給するという形で作りました。航空障害灯を測距点にとって画面に追尾させつつ移動させています。この追尾は自動では限界があったので、半分以上手作業です。

擬態天穹

主役である擬態天穹「ファルステラ」です。まあなにもないところに浮かべるとつまらないので、適当に撮った映像に合成して、ズルズル動かしました。

この人工物的な形状は「星空に擬態する超巨大形態」という映像面の要求と、簡単に造形できるという制作面の要求両方に答えた結果です。おかげで「使徒」と揶揄されることになりましたが、プリズ魔を知らない人が多いな、という感想です。なお、モデルはバルンガです。

半透明になっているのは「誤魔化しやすい」というまことに正当な理由によるものです。

未確認飛行物体の動き

嘘っぱちの物体を作るときは、その参考となるものが存在しないため、違和感の除去が大変難しくなります。つまり、UFOを見た人間は少ないので、UFOらしさというのはなかなか作りづらく、何やっても嘘になってしまう上にどうしたら良いかさっぱりわかりません。

まあ「お前は見たことないから知らないかもしれないが、本当にUFOはこう動くんだ」と言い張るという作戦もありますが……。

ビームの発射

同様にビームの発射を真正面から見た人間もおらず(見たということは目にビームが当たっている可能性が極めて高い)、まあ想像で描くしかない、というわけです。

こちらも適当に線と円形にエフェクトをかけて完成です。

デジェネレイテッド・スタアライト

本作の見せ場「ビル切断」の1カット目です。

ご覧の通りビームはただの棒でマスクを作り、合成ソフトで適当にエフェクトをかけてでっち上げました。

タワマン自体は1/8を製作して回転して複製し、さらに縦方向に70ほど複製しまして作りました。簡単ですね、と言いたいところですが物量が多いのでかなり重いです。重いと開くのは億劫ですし、修正もしづらいのでなにか対策が必要ですね。

ビームの衝突と崩壊の開始の時期がズレているのは、演出といえば演出なのですが、実態は「ビームが当たったところから爆発を順に行うのが難しく一気にドッカンの方が楽」という悲しい理由によるものです。

ビル破壊の舞台裏

このビル破壊は「シン・ゴジラ」と「巨神兵東京に現わる」を参考に作られています。まず、ビル自体は「ガラス」「金属」そして「コンクリート」の3素材のみでできています。コンクリートはワッフル状に壁と床が作られており、これに破壊領域についてのみ切断処理を行って、物理シミュレーションで吹き飛ばしています。

金属部分も切断していますが、ガラスについては実は窓枠から外れてすっ飛んでいくだけです。

本来ならばコンクリートが弾ければ粉塵が発生したり、火災も起きるでしょうが時間がなかったのでこれだけですが、自主怪獣映画選手権に応募してくるような強者はともかく、素人にはバレないだろ、と思いましたがみなすんなり受け止めてくれたようで何よりです。

なお、手前の実景部分は手作業でマスクを切りました。全編4Kのマスク切りは大変でした。

メインタイトル

お金はともかく出演者が集まれば結構作れそうなのですが、それが難しいんですよね。

いつも横タイトルなのでたまには縦もいいかな、という考えです。

偽りの星空

アニメでありがちな「大都会で煌々と明かりが灯っているのに星が見える」というのをやってみたかったのでやりました。タイムラプス映像だったので星空だけ早送りなのですが、うまい瞬きフィルタの案はあるので、固定でもやってみたいですね。このカットもマスクが大変でした。結構手を抜いています。

5月26日なのは来年の5月の金曜日を探しただけです。